◎監督日記◎ *新人戦5年生決勝トーナメント*

*新人戦5年生以下 決勝トーナメント*

今日は健保グラウンドで新人戦5年生以下
決勝トーナメントを行った。

フレンド5年生の決勝トーナメント進出は8年ぶり。

ここまでリーグ戦5連勝で
迎えた決勝トーナメント。

この代の子達がここまでくると誰が予想しただろうか。
春から考えたらほとんど奇跡。
それだけ皆がんばった。

準決勝の相手は宿敵大宮ファミリーズさん。
ファミリーズさんはいつものように大応援団。
子供達には相手の大応援に飲み込まれないことを指示した。

試合は、1回相手の攻撃、スクイズで間単に先取点を取られる。

フレンドはランナーを出すが最後の1本が出ない。

ここのところ6年生もそうだがなかなか点が取れない。
当然点が取れなければ試合に勝つことが出来ない。
どんなやり方でも点を取ることにこだわった。

3回ツーアウトからタクミのタイムリーヒットで
やっとの思いで点が取れ同点に追いつく。

さらに2・3塁とし、5番ショータ。
ショータの打球は左中間の大きなあたり。
これでビックイニングが作れると思った矢先、
相手センターの大ファインプレー。
追加点が取れない。

5回フレンドの攻撃。
もう何が何でも点を取る思いで
慎重にサインを出す。
見事ユリアがスクイズを決める。

さらに6回、リョータがスクイズを決める。
ユータのサードゴロエラーの間に追加点。

これで勝ったと思ったが
そんなに甘くはなかった。

最終回ツーアウトまで漕ぎ着けた。
あと一人というところで
ここまで相手打線を抑えてきた
先発のダイゴが急にストライクが入らなくなった。

勝ちを意識しすぎて相手打線に捕まった。

とにかく落ち着くこと。
ショータのキャッチャーミットだけ見ること。
仲間を信じて思い切り投げること。
タイムを取ってそう言った。

最後の打者を打ち取り何とか決勝にコマを進めた。

続く決勝戦。
相手は今一番勢いのある大宮ドラゴンズさん。
こちらも大応援団。

決勝の舞台に立てる喜びを味わい
思い切りプレーするように言った。

試合は序盤からドラゴンズさんペース。
ことごとく打つ打球が野手と野手の間に行く。
もちろんバットを振り切っているからのこと。

フレンドは相手投手のアウトコース低めに全く手が出ない。
打っても正面。
ドラゴンズさんとは逆でバットを振り切っていないので
正面の取りやすい低位置に打球が飛ぶ。
打撃力の差を感じた。

さらにドラゴンズさんの内野は鉄壁の守備。
守備力の違いも感じた。
内野守備は相当鍛えられていると感じた。

フレンドは6回にダイゴのタイムリーで
2点を返すのがやっと。

残念ながら、5対2で準優勝に終わった。

ダイゴもユースケもよく投げた。

打撃力と守備力の違いをまざまざと見せ付けられた。

しかしながら、ここまで子供達はよくがんばった。
まさかこの舞台までこれるとは思っていなかった。
立派な準優勝だった。

これで大きな目標が出来た。
次回対戦までに力をつけ
打倒大宮ドラゴンズさんで
もうひとつ上の優勝を狙いたいと思う。

☆Sチーム通信☆

 reochichiです。
 トップチームの今シーズンの公式戦はすべて終了し、12月から6年生はSチームとして再出発しています。
 今年の部会の公式戦は、春季大会の準優勝、夏季大会の優勝、会長杯の3位という成績ですから、まずまずと言っていいですし、6人(ハルトを含めると7人)の6年生は(5年生の力は借りたものの)県大で1勝もしましたし、よく頑張りました。
 でも、試合はまだ続き、今後は(3年生や4年生の力を借りて)現在2勝し、今週の日曜日に準決勝(勝てば決勝)を迎える八千草大会、また、土曜日には大宮シニア杯、その後1月にかけてさよなら大会を戦い、最後には若草大会が待っています。
 先週2勝した八千草大会では、ヨータとカズフミがそれぞれ完投勝利をおさめ、打線も上向きなので、今週末もいい試合ができるといいですね。
 3・2・1年生にはまた力を借りますが、よろしくです。

posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *5年生以下新人戦最終戦*

*5年生以下新人戦 最終戦*

今日は堀之内公園で5年生以下新人戦最終戦を行った。

朝から雨が降り、グラウンドも水浸し。
皆さんのご協力で何とか試合をすることが出来た。

南平台カージナルスさん、ありがとうございました。

今日試合が出来なかったら
今後かなり厳しい日程調整を強いられていた。

試合は初回相手の攻撃を無難に抑え
その裏フレンドの攻撃、
先頭打者タイチが出塁して
ユリアが送り、ダイゴ・ユースケで返す
今年5年生チームが勝利してきた
方程式通りの攻撃で3点を取り
試合を優位に進める。

今日の先発もダイゴ。
ダイゴは得意の低目への投球で
相手打線を寄せ付けない。

フレンドはさらに3回、タクミのタイムリーで
2点追加点を取り、試合を優位に進める。

最終回、最近不調だったショータがホームランを放ち
試合を決めた。

投げては、先発のダイゴ、リリーフのユースケが
安定した投球を見せ勝利に貢献した。

今日の勝利で5勝0敗。
見事決勝トーナメント進出を決めた。

反省会で子供達に確認した。
決勝トーナメント進出で満足してはだめ、
やるからには優勝目指すと発破をかけた。

ここへ来て4年生の調子もあがってきた。
特にタクミの打撃・守備は
今後フレンドにとって大きな存在になると感じた。

今年度の5年生はいろいろあった。
ちょっと叱ると
やめたいという子がいたり
もうついていけないと言う子もいたり
また、朝から調子が悪い子
すぐ倒れる子
試合に出たくない子
厳しい練習に耐え、精神的にも鍛えられ
よくついてきてくれた思う。

5年生チームの頑張りに期待したいと思う。
いい結果を残してあげたい
そんなふうに思った今日の試合だった。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *さいたま市会長杯2回戦・3回戦*

*さいたま市会長杯 2回戦・3回戦*

今日は大宮健保グラウンドでさいたま市会長杯
2回戦・3回戦を行った。

2回戦。
相手はさいたま市NO1チーム浦和ビックウェイブさん。
先日の読売ウイナーズカップで準優勝した強豪。

いつものように挑戦者として臨んだ。

試合は息を呑む投手戦。
フレンドエースヨータは完璧のピッチング。
ものすごい気合を感じた。

延長・タイブレーク含め9回完投する。
今シーズン最高のピッチング。
惚れ惚れした。

フレンドの大エースに成長した。

県大会で出てればと思ったが、そこは子供。
致し方がない。

延長8回終わって0対0。
今年はタイブレーク全て負け無し。
今回で5回目。

そのタイブレークで、ユースケのタイムリーと
リョータのスクイズで2点を勝ち越し
やっとの思いで何とか勝利した。

精神力の勝利だった。

続く3回戦。
相手は大宮ツインズさん。

大宮ツインズさんの子供達の身体能力は
フレンドより断然上。

ビック戦ですべてを使い果たしてしまったのか
全く機能しない。

守備・攻撃・走塁。
こちらは今シーズン最悪の試合。
特に攻撃。
全く打てない。

当然のことながら打てなければ勝てない。
案の定3回戦で敗退した。

あと残り僅かとなった公式戦。
会長杯の決勝トーナメント。
来週の秋季大会2回戦。
チャンスはまだある。

大宮チャンピオン目標として
気持ちを切り替え、子供達とよく話し
優勝目指して頑張りたいと思う。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *MGC大会3回戦*

*MGC大会 3回戦*

今日は大砂土東小でMGC大会3回戦を行った。

対戦相手は三室ホークスさん。

試合は1回表相手の攻撃を無難に抑え
その裏フレンドの攻撃、
午前中の練習で好調だったユースケを1番に抜擢し、
そのユースケが見事期待にこたえ3塁打を放つ。

ユースケの3塁打を足がかかりに
フレンドは2点を先制する。

続く2回・3回は、県大会の為に練習してきた攻撃で
1点づつ取り試合を優位に進める。

ところが4回以降攻撃の歯車が合わない。
特に6年生のバットの振りが鈍い。
出塁することも出来ない。

そうなると流れが相手に行く。

5回に1点、6回に1点、
最終回はツーアウトから2点を取られ
同点に追いつかれる。

流れは完全に相手。

最終回フレンドは好調のショータから。
ショータはレフト線に3塁打を放ち
サヨナラの場面を作る。

最後はこの日9番に入った今絶不調のヒロキが
なんとか転がすバッティングに徹し
サヨナラ勝ちを収め、準決勝にコマを進めた。

ヒロキはこれをきっかけに
何とか頑張ってほしい。

投げてはヨータ・カズフミ・タイヨーのリレーで
中でも県大会で滅多打ちされたタイヨーが
名誉挽回で好投した。

来週は準決勝・決勝。

春の大会に続き連覇の思いであったが
残念ながらさいたま市会長杯と重なった為
棄権することになった。

子供達には調整出来ず申し訳ないことをした。

この悔しさを来週のさいたま市会長杯にぶつけてほしい。

子供達の踏ん張り、特に残り僅かとなった
6年生の活躍に期待したいと思う。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *県大会2回戦*

*県大会 2回戦*

今日は加須市の豊野台球場で県大会2回戦を行った。

対戦相手は幸手の強豪上高野クリッパーズさん。
コスモスイニシア等でお世話になっているチーム。
以前は何度か練習試合もさぜて頂いた。

先週の試合を見ていると、全体的に守備のチーム。
小技・走塁で得点していた。

いつもと変わらず、チャレンジャーとして試合に臨んだ。

試合は1回相手の攻撃を0点で抑えると
その裏フレンドはチャンスを作る。

ツーアウトからタイヨーのタイムリーで
先取点と思ったが、なぜかホームに帰ってこない。

これが後々響く。

3回にもワンアウト満塁のチャンスを作るが
後1本が出ない。

これも後々響く。

そうなると流れは相手に行く。

おととい何度も練習した守備体系が機能しない。

2回に2点、4回には6点を取られ一気に消沈ムード。

最終回に2点を返すのが精一杯だった。

県大会の大一番で、また指導力不足を学んだ。
子供達に指導しきれていないことを改めて痛感させられた。

昨年に引き続き2回戦敗退。
2回戦が鬼門なのか。
残念な試合内容だった。

とはいうものの、まだ公式戦が3つ残っている。
立て直して、秋季大会連覇・さいたま市会長杯の好成績
大宮会長杯優勝目指して、子供達と一緒にがんばろうと思う。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *県大会1回戦*

*県大会1回戦*

今日は久喜市上大崎グラウンドで県大会1回戦を行った。

対戦相手は上尾の強豪小泉ジュニアーズさん。
県南大会チャンピオンチーム。

いつものようにチャレンジャーで望んだ。

試合前の練習では皆気合が入っていた。
特に6年生。
アップから常にみんなに声をかけ
集中力を切らさず
しばらく練習が出来なかった鬱憤を晴らすかのように
体を動かしていた。
試合前の様子を見ていたら、今日はやってくれそうな気がした。

試合は、1回表相手の攻撃。
間単にツーアウトをとったが
ヒットと四球とエラーで1点を献上する。

その裏フレンドの攻撃。
相手投手が制球力で苦しんでいるところをつき
ユースケのタイムリーヒットなどで3点をとり逆転をする。

2回すぐに追いつかれる。

その裏、フレンド得意の攻撃で1点を返す。

今日は点をとられるが、すぐに取り返したところがよかった。

4回、リョータの魂のスクイズで追加点を取る。

投げては、先発のヨータは悪いなりにも試合を作った。
さすがエースである。
最後は渾身の力を出し、見事完投勝利を飾った。

守備では、ショータのファインプレーなどあり
皆落ち着いて対応していた。

5対3で1回戦を突破した。

雨で2週間流れたブランクを全く感じさせない
フレンドらしい試合だった。

来週は2回戦、勝てば3回戦。
埼玉県野球の聖地、県営大宮球場で是非とも試合がしたい。
そして県チャンピオンを狙いたいと思う。

続きを読む

posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記