◆daddyの小言◆(今年の主役)

machidaddyです。

決して俊足ではない。
だが、ピッチャーのモーションを盗むことに長けている。
高い盗塁成功率を誇った。

上級生からも下級生からも、お手本にしたいと言われたバッティングフォームの持ち主。

声出しはどちらかというと得意なほうではないが、常に皆の中心にいる人気者。

何言っていいかわからないっていうので紙に書いてあげたら、家のトイレに貼って声出しの練習していたらしいけど。

この男には満塁で打席が回ってくることが多い。
昨年の新人戦の時だが、最終回3点ビハインドで、満塁で放った同点スリーベースは本当に鮮やかだった。
今年の最終打席も満塁で回ってきた。

今年は出番が少なかったかもしれないが、決めたことをきっちりと最後までやりきった。

間違いなく今年の主役の一人。

ありがとう、満塁男。
今後の活躍を期待している。

baseball!!


posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

★Jチーム便り★(たくさん入団してほしい)

tomypapaです。
Jチームは現在、3年生8名、2年生3名、1年生2名の合計13名で活動しています。

ちびっこチームのヘッドコーチの第一のミッションはとにかくたくさんの団員を集めることでしょう。

もちろん、野球の楽しさを教え、ケガをしないようにちゃんと練習を見てあげて、よくできたことはほめるといった日常は大変大事ですが、これを丹念に続けていくことで、入団を考えている子や親にチームカラーとして伝わり、結果として入団する子が増える。

そうしてたくさんの子たちが入ってくれれば、チーム全体も盛り上がり、元からいる子たちもよりいっそう元気に野球ができるはずですし、そうなればまたさらにたくさんの子供たちが入団してくれる・・・そんな好循環になると最高ですね。

ニワトリが先か卵が先かの議論でもあるように、いいチームを作ることで新入団員が増えるのか、新入団員を増やせばいいチームができるのか、という点についてはどっちもどっちで、まさしく循環なのでしょう。

私が「第一のミッションは団員集め」と書いたのは、一番わかりやすいバロメーターだからです。

コーチの目から見ても、「こんな練習をしているチームに自分の息子を入れたいと思うか」
お母さんの目からすると、「この雰囲気でウチの子供は楽しんでいるか」「友達のお母さんに、フレンドってどう?って聞かれたらなんて答えるか」

お父さんやお母さんたちには、入団を検討している目線で練習や試合を見ていただきたいです。
その結果、気になるところがあればどんどん言って下さい。

練習の仕方や子供たちの叱り方、試合の雰囲気や子供たちの礼儀、元気良さ。
これらをああしたらいい、こうしたらいい、というご意見はたくさんあると思いますが、基準をここに置いてみます。

「このチームへの入団を勧められるか」

お勧めしていただくために日々精進するのが、Jチームコーチの務めということです。

最近ウチの子供が元気がない、逆に、フレンドに行くのが楽しくて仕方ないようだ、どうやらあの練習が苦手らしい、こんなことができるようになったと喜々として報告してくれた、などの情報はどんどんお寄せください。

声掛けや叱り方、こちらの笑顔やほめ言葉など、それもほんの小さなところを気をつけなくてはなりません。

「神は細部に宿る」
私の好きな言葉の一つです。
posted by omiyafriend at 14:26埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *今年最後の練習*

*今年最後の練習*

元々予定に無かった今日の練習。
来れるメンバーだけで練習を行った。

シートバッティング練習。
バッティングピッチャーはショータ・タイヨー・カズフミ。

タイヨー・カズフミが素晴らしい投球をした。
6年生でもなかなか打つことが出来なかった。

二人とも何と言ってもコントロールが良い。
外角低めを要求すると
そこへきっちり投げていた。

特にカズフミは元気がいい。
たまに子供が理解できない言葉を発するが
それはそれで楽しい。
シートノックでも人一倍元気な声を出していた。

実はこんな子が6年生になっても
同じ対応をしてくれれば
チームは強くなる。

試合中に声でみんなを引っ張るのは
少年野球にとって大切な事だと思っている。
特に負けているときは。

4年生も楽しみになってきた。
ヨータ・リョータ・タイヨー・カズフミ
そして未知の世界のコータロー。
これだけピッチャー陣が揃っている年代も珍しい。

ハガコーチが言っていたそうだ。
4年生全員がピッチャーを6年生になって
出来るようにするのが目標だと。
頼もしい限りだ。

これだけ良いピッチャーがいれば
将来本当に楽しみだ。

4年生の来年度の成長を楽しみにしている。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記