◎監督日記◎ *新人戦5年生決勝トーナメント*

*新人戦5年生以下 決勝トーナメント*

今日は健保グラウンドで新人戦5年生以下
決勝トーナメントを行った。

フレンド5年生の決勝トーナメント進出は8年ぶり。

ここまでリーグ戦5連勝で
迎えた決勝トーナメント。

この代の子達がここまでくると誰が予想しただろうか。
春から考えたらほとんど奇跡。
それだけ皆がんばった。

準決勝の相手は宿敵大宮ファミリーズさん。
ファミリーズさんはいつものように大応援団。
子供達には相手の大応援に飲み込まれないことを指示した。

試合は、1回相手の攻撃、スクイズで間単に先取点を取られる。

フレンドはランナーを出すが最後の1本が出ない。

ここのところ6年生もそうだがなかなか点が取れない。
当然点が取れなければ試合に勝つことが出来ない。
どんなやり方でも点を取ることにこだわった。

3回ツーアウトからタクミのタイムリーヒットで
やっとの思いで点が取れ同点に追いつく。

さらに2・3塁とし、5番ショータ。
ショータの打球は左中間の大きなあたり。
これでビックイニングが作れると思った矢先、
相手センターの大ファインプレー。
追加点が取れない。

5回フレンドの攻撃。
もう何が何でも点を取る思いで
慎重にサインを出す。
見事ユリアがスクイズを決める。

さらに6回、リョータがスクイズを決める。
ユータのサードゴロエラーの間に追加点。

これで勝ったと思ったが
そんなに甘くはなかった。

最終回ツーアウトまで漕ぎ着けた。
あと一人というところで
ここまで相手打線を抑えてきた
先発のダイゴが急にストライクが入らなくなった。

勝ちを意識しすぎて相手打線に捕まった。

とにかく落ち着くこと。
ショータのキャッチャーミットだけ見ること。
仲間を信じて思い切り投げること。
タイムを取ってそう言った。

最後の打者を打ち取り何とか決勝にコマを進めた。

続く決勝戦。
相手は今一番勢いのある大宮ドラゴンズさん。
こちらも大応援団。

決勝の舞台に立てる喜びを味わい
思い切りプレーするように言った。

試合は序盤からドラゴンズさんペース。
ことごとく打つ打球が野手と野手の間に行く。
もちろんバットを振り切っているからのこと。

フレンドは相手投手のアウトコース低めに全く手が出ない。
打っても正面。
ドラゴンズさんとは逆でバットを振り切っていないので
正面の取りやすい低位置に打球が飛ぶ。
打撃力の差を感じた。

さらにドラゴンズさんの内野は鉄壁の守備。
守備力の違いも感じた。
内野守備は相当鍛えられていると感じた。

フレンドは6回にダイゴのタイムリーで
2点を返すのがやっと。

残念ながら、5対2で準優勝に終わった。

ダイゴもユースケもよく投げた。

打撃力と守備力の違いをまざまざと見せ付けられた。

しかしながら、ここまで子供達はよくがんばった。
まさかこの舞台までこれるとは思っていなかった。
立派な準優勝だった。

これで大きな目標が出来た。
次回対戦までに力をつけ
打倒大宮ドラゴンズさんで
もうひとつ上の優勝を狙いたいと思う。


posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

☆Sチーム通信☆

 reochichiです。
 トップチームの今シーズンの公式戦はすべて終了し、12月から6年生はSチームとして再出発しています。
 今年の部会の公式戦は、春季大会の準優勝、夏季大会の優勝、会長杯の3位という成績ですから、まずまずと言っていいですし、6人(ハルトを含めると7人)の6年生は(5年生の力は借りたものの)県大で1勝もしましたし、よく頑張りました。
 でも、試合はまだ続き、今後は(3年生や4年生の力を借りて)現在2勝し、今週の日曜日に準決勝(勝てば決勝)を迎える八千草大会、また、土曜日には大宮シニア杯、その後1月にかけてさよなら大会を戦い、最後には若草大会が待っています。
 先週2勝した八千草大会では、ヨータとカズフミがそれぞれ完投勝利をおさめ、打線も上向きなので、今週末もいい試合ができるといいですね。
 3・2・1年生にはまた力を借りますが、よろしくです。

posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記