☆Aチーム通信☆

 reochichiです。
 先週の土日は、腰痛のため2日間ともお休みし、すみませんでした。
 完治はしていませんが、今週からリハビリも兼ねて、負担のかからない範囲で参加しますので、よろしくお願いします。
 Aチームは、今週の日曜日にオープン大会初戦を迎えます。対戦相手は、新人戦と栄和カップで対戦し、連敗している大宮パワーズさん。当然勝ちにいくのですが、まだ寒いですし、特にピッチャー陣にはあまり負担をかける時期でもないので、様子をみながら数イニングずつ投げさせるイメージでいます。
 一方、Sチームは今週土曜日に、さよなら大会の最終戦(?)を迎えます。(試合ごとに采配をふるう監督も替わり、子ども達のポジションのシャッフルもあって)勝ち負けを優先しない大会ですが、勝って有終の美を飾ってほしいと思います。選手たちはとにかく野球を楽しみましょう。
 「野球を楽しむ」といえば、1月19日の朝日新聞の「未来へつなげ高校野球」の中で、今やWBCでも主軸をつとめるDeNAの筒香選手の中学・高校時代の記事が掲載されていました。筒香選手は中学では堺ビックボーイズ(堺BB)、高校は横浜高校を出ています。堺BBは過去二度の全国制覇を誇る強豪のようですが、代表は筒香選手が入団した当時、「勝つことが義務づけられている感じで、子どもが楽しくなさそう」と感じていたそうです。そこで、無理にやらせるのではなく、ヒントを与えて、子どもに考えさせながら、指導していったようです。
 「野球を楽しむ」とはフレンドにおいても非常に重要なキーワードです。「できなかったプレーが出来るようになって楽しくなる」、「ヒット(ホームラン)を打って楽しくなる」、「試合に勝って楽しくなる」と何でもいいので、子どもに野球の楽しさを教えてあげる、これが指導者の最大の務めなのかもしれません。


この記事へのコメント