◎監督日記◎ *会長杯第4戦*

*会長杯 第4戦*


今日は西遊馬で会長杯第4戦を行った。

対戦相手は今年公式戦3度目の対戦
大宮ファミリーズさん。

毎年必ず対戦する相手。

今年度公式戦過去2戦2勝。

リーグ戦トップ通過は確定しており
全体の1位を考慮して失点率に拘った。

試合は、初回フレンドの攻撃。
いつもの練習通りの攻撃で
2点を取り試合を優位に進める。

相手も同じ相手に負けたくない一心からか
色々な戦法を取り入れてくる。

3回相手の攻撃。
ホームランで1点を返される。

相手に流れが行きかけたが
4回フレンドの攻撃
タイヨーの起死回生のホームランが出る。

タイヨーは普段あまり表情に出さない子だが
ホームに帰ってきた瞬間大きなガッツポーズ。
相当うれしかったに違いない。

タイヨーのホームランでフレンドは
流れとリズムを取り戻す。

そして5回に2点追加点を取り
試合を決めた。

投げては、ここのところ安定感抜群のヨータが
省エネ投法77球を投げ見事完投した。

終わってみれば、5対1の完勝だった。

会長杯全体でのトップ通過も確定した。

今日の勝利は、明後日行われる予定の
夏季大会準決勝・決勝に弾みをつけた形となった。

あとは暑さとの戦いになる。


★Bチーム便り★(川口近隣Jr. 川口イーグルス戦)

tomypapaです。
日曜日は暑い中、川口までいって近隣Jr大会の川口イーグルス戦を戦ってきました。
この大会は4年生以下が対象となっており、川口が主催で近隣のチームにも声をかけてもらっていて、フレンドもここしばらく参加しています。
優勝や順位を決めるというよりは、試合機会を強引につくって低学年の経験を増やそうという大会なので、どちらかというと勝敗にこだわらず、のびのびと試合経験を積んでいくことができます。

さて、試合結果の方はビッグイニングを作られてしまい、よく追い上げましたが届かずに7-9で敗戦となりました。

先発のフミヤはほとんど四死球がなく、よく打ってもらっていました。
これは現時点ではナイスピッチングだったと言えます。
二番手のタクミも制球に気をつける意識は格段に上がっていて、ナイスピッチング。

残念ながらこの日は打球でアウトがなかなか取れませんでした。
積極的なバッティングの相手チームの打球はいい当たりも多かったですが、高いバウンドでヒットになる軟式野球特有の打球も結構あって、仕方ないと言えば仕方ない。

以前に比べれば、四球四球盗塁けん制悪送球パスボール みたいなバッテリーが勝手に点をとられているようなケースは全くなく、久しぶりにキャッチャーをやったイクトもよく止めていたしよく声が出てました。

打つ方では見逃し三振なし!
積極的な走塁もあったし、みんなサインもちゃんと見ていて、サインがない時は走りません。

あとから振り返ってみると、ようやく試合としての基本がひととおりできた区切りのゲームだったと言えるかもしれません。

相手チームが素晴らしかったのは、とにかく積極的に振ってきて、追い込まれても(フミヤもタクミもカウント良く追い込むケースは多かった)結構ファールで粘ってくる。
また、ちょっとバットが下から出ているようなスイングをすると、子供たちから「上から上から」と声がかかる。普段からそういう指導をされているんですね。
結果、攻撃が押せ押せになって点が入るんですね。

分かっているつもりでも勉強になります。

川口イーグルスさん、ありがとうございました。
監督さんの名刺いただきましたので、チャンスがあれば上のチームでもお願いします。
posted by omiyafriend at 13:16埼玉 ☔Comment(0)日記

☆Aチーム通信☆

 reochichiです。
 先週の8日土曜日には、全国高校野球選手権埼玉大会の開会式が県営大宮球場で行われ、夏の甲子園出場を決める戦いが始まった。多くのフレンドOBが156のいずれかのチームに所属しており、中には1年生で出場したり、ベンチ入りする選手もいる。一方、ベンチ入りできなかったり、試合に出れない選手も、特に3年生にはチームの勝利のため、是非がんばってほしいものだ。(既に負けてしまった選手は、残念だったけど、次のステップに進んでほしい。)
 さて、フレンドAチームも夏季大会真っ最中。来週の17日(海の日)には準決勝(勝てば決勝)がある。フレンドは昨年に続き2連覇がかかっているが、選手達は気負わずに、いつも通りのプレーをしてほしい。また、15日土曜日は会長杯予選リーグの最終戦が、16日日曜日は公民館大会が予定されている。3日間で最大5試合を戦うわけで、暑い中で選手達の体調管理も大切になる。 
 体調管理は自分でやるしかないが、まずは、よく眠ること。日中は暑いので、試合前は指導者の指示のもと、休む時は体を休めて体力の温存も必要だ。
 まさに今週の3日間はAチームにとっての正念場。選手みんな元気を出して頑張ろう!

続きを読む

posted by omiyafriend at 22:54埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *夏季大会2回戦*

*夏季大会 2回戦*


今日は宝来で夏季大会2回戦を行った。

対戦相手は春MGC決勝以来の
さいたまスターズさん。

強力打線と堅実な守備のチーム。

いつものように挑戦者として臨んだ。

試合は、2回フレンドの攻撃
攻撃がかみ合わず
嫌な流れになりかけたが
相手のエラー等もあり
なんとか先取点を取る。

今日の先発はヨータ。

強力打線のさいたまスターズさん。
力で押してくる。

ところが、打たれはするものの
要所要所を締め相手に点を与えない。

ヨータの成長は、長打を打たれても
切替が出来るようになったところ。

前はすぐに顔に出ていたのと
投球が荒くなっていたが
最近は冷静になってきた。

精神的に頼もしくなってきた。

そんな中、4回フレンドの攻撃
一人ランナーを置いてそのヨータがセンターオーバーの
3塁打を放ち追加点を取る。

さらには、ここのところバント成功率の低いヒロキが
スクイズを成功させダメ押し点を取る。

最終的にこのスクイズが勝利を呼び込む。

時間的に最終回相手の攻撃
強力打線に火がつく。

2塁打を打たれ、四球を出したところで
カズフミにチェンジ。

このカズフミがまたしてもやってくれた。

今やフレンドの火消し役。
抑えのリリーフ。

四球とエラーで2点を取られ
尚も1打同点の場面。

だが、最後は三振に仕留め
見事準決勝戦にコマを進めた。

前の試合で最終回3点差逆転サヨナラがあり
ふと頭をよぎったが、そこはカズフミの経験がまさった。

来週は準決勝、勝てば決勝。
残り2試合。
夏季大会連覇をかけて
暑い夏をみんなで乗り越えたいと思います。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

☆Aチーム通信☆

 reochichiです。
 監督も以前ブログで書いていた「熱中症」。まだ初夏だというのに、今週の月曜日には早くも34度超えを記録した。特に、午後は室内から外に出るだけで「モアッ」とした熱気で気分が悪くなるほどの暑さだったが、今年の夏は37度越えの酷暑の日もあるらしい。また、湿度が高いと、体内に熱をため込みやすくなるので、温度と併せて湿度にも注意が必要だ。
 今日の夕方にWEbニュースを見ていたら、東京新聞WEb版に、熱中症応急処置のキーワードとして、「FIRE」というアルファベットが並んでいた。帝京大の三宅教授によると、「F」はFluid(フルード)で水分補給、「I」はIcing(アイシング)で冷却、「R」はRest(レスト)で安静、「E」はEmergency(エマージェンシー)で119番通報だそうだ。フレンドでも過去に試合中や試合後に救急車を呼んだことがある。特に試合中だと子ども達は無理をしてしまうことが多いからだが、(無理するなと言っても、子どもは無理をしてしまうので)そうなる前に指導者が異常を感じ取ってあげ、無理させないことが必要だ。
 皆さんもキーワードとして、「FIRE(ファイア)」と覚えておくといいかもしれません。

続きを読む

posted by omiyafriend at 19:40埼玉 ☔Comment(0)日記

◎監督日記◎ *4年生の成長*

*4年生の成長*


今週の二日間、大砂土東小5年生が舘岩だった為
4年生7人を同行させた。

フミヤ・タイチ・イクト・ショウマ・タクミ・レオ・ヨシカツ
4年生7人が5年生・6年生と一緒に練習をした。
恐らく4年生は6年生と一緒に
練習をするのは初めてだと思う。

5月に4年生以下試合を見た時は
時間がかかるだろうと見ていたが、
たった1ヶ月強で随分と成長していた。

特に課題の守備は上手になっていた。
相当練習したと思う。

また、直近の試合量で勝敗は別として
勉強になったと思う。

あとは試合勘を身に着け、少年野球を覚えれば
いいチームになります。

Aチーム5年生はうかうかしてられません。
もっと練習しないとあっという間に追いつかれます。
練習あるのみです。

それにしても6年生の子供達が
お兄ちゃんに見えました。

6年生も成長しているのですね。

久しぶりに楽しい練習が出来ました。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記

★Bチーム便り★(中川メッツ戦)

tomypapaです。
土曜は島小タイガースと2試合の練習試合、日曜日は中川メッツとコスモスイニシアJr.カップ+練習試合。
試合三昧でしたね。

tomypapaは土曜日お休みをいただいたので、日曜日の報告です。

コスモスイニシアJr.カップは、予選リーグ総当たりの1位抜けなのですが、フレンドは初戦で負けてしまったので、決勝トーナメント進出は既に厳しい状況にあります。
この日が第二戦でしたが、メッツさん低学年も人数多いですね!
コーチも子供たちも常に声が出ていて、元気いっぱいのとても良い雰囲気のチームです。

先攻のフレンドは、一番イクトが初球を打ってサード強襲ヒット。
この積極性がこの日の試合の流れに大きく貢献するファインプレー。

その後はもうみんな打て打てで、フミヤはお兄ちゃんの見守る前でホームランとスリーベース二本。
コウキはホームラン二本。

ショウゴもいい当たりのレフト前クリーンヒットがあったし、ショウマも高めをひっぱたいて高いゴロが内野を抜けていくといういい感じのヒットがあった。

あともう、なんだかよく覚えてないくらい良く打って良く走りました。積極的な走塁もよくできてましたね。

相手にも結構打たれてたくさん点を取られましたが、ストライクを投げて打たれのは守備に集中が続くので、どこかでアウトも取れる。先発のコウキはいわゆる「試合を作った」と言えるでしょう。

イクトのもう一つのファインプレー。
三回の先頭バッターのセカンド右への低いライナーを、出足よくグラブをいっぱいに伸ばして好捕。
またこれが流れを作って、何とこの回三者凡退。

結果的にはこのイニングをゼロに抑えたのが最後に効きました。

イクトは自信をもって相手やボールに向かっていければとってもいいプレーができる能力を持っているのだけれど、悪い面が出たのが二試合目で上がったマウンド。久しぶりでいいところを見せようと思ったのか、腕が縮んでしまっています。
tomypapaにベンチでカツを入れられたのが効いたのか、単にマウンドになじんだのか、二イニング目はフォームが大きくなり、開き直って投げていた。
ほら、ちゃんと三振取れるじゃん!

二日連続で試合(しかも合計四試合!)があると、とっても大変で(大人も子供も)疲れてしまったとは思いますが、土曜日の反省を日曜日に生かせるのはよいところですね。

土曜日の試合のあと、「好きなボールはどんなボールだ?」と、ナカムラヘッドがみんなに聞いたそうです。
打席で「好きな球だけ絞って打てよ」と言われるカウントでタクミが低めを空振りしたりすると、すかさず「今の好きなボールか?」と聞かれてタクミは苦笑い。
「昨日聞いたら高めって言ってたんですよ」とはナカムラヘッド。

これでタクミは「好きなボールだけ打つ」ということがどういうことか、ちょっとは、ほんのちょっとかもしれないけど、分かったはず。

次は大人が頑張る番です。
タクミが平然とストライクを見逃した時に、「なんでそれ打たないんだ」とか「積極的に行こうぜ」とか言わないようにしなきゃ。
posted by omiyafriend at 00:00埼玉 ☔Comment(0)日記